F4(言承旭・呉建豪・朱孝天・周渝民)・楊丞琳・飛輪海・呉尊・羅志祥・S.H.Eなど…台流・華流情報やニュースを発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴィック・チョウ(周渝民)が、主演映画『早見、晩愛』のキャンペーンに出席



7月15日、台湾の人気男性ユニットF4ヴィック・チョウ周渝民)が
中国広東省で、最新主演映画『早見、晩愛』のキャンペーンに登場。
恋愛観や結婚について語った。

F4ヴィック・チョウ周渝民)の最新作は、7月19日から公開の
中国映画『早見、晩愛』だ。
アイドルから実力派への脱皮を図る彼が、今回の映画では愛情と人生を
てんびんにかける“腹黒男”を演じている。

ここ数年で最も大きな変化を感じたのは、「年を重ねたこと」だという
ヴィック・チョウ周渝民)は「早い時期にデビューしたので、
当時は子どもでした。
F4の中では最年少で、どんなことをしゃべっても責任を問われることなく
楽しかった」と笑顔で答えた。
デビュー当時と変わっていないのは、「心の持ちよう」とのこと。
「芸能界は複雑な世界だと言う人がいますが、何が複雑なのか
しっかり見つめるべきだと思っています。例えば人気スターだという態度で
お酒を飲んで女の子と派手に遊ぶと、問題が起こるのは当然。
僕はそういったことに興味がないので、何も起こらないのです」
と、冷静に語った。

『早見、晩愛』では主人公の大学時代も演じているが、
デビューが早かったので学生生活を知らないのが
大きな心残りになっているとか。
時間を戻せるなら、実際に大学生になってみたいと語っている。

今年32歳になったが、現在の自分は恋愛や結婚より仕事第一で、
まして電撃婚は考えられないという。
恋愛にエネルギーのすべてを傾ける年齢は「もう過ぎた」と語る。
30歳を過ぎてからは、「将来、後悔するだろうと思うことは、
極力やらないようにしている」と、冒険しない自分の性格を明かしている。

また恋愛観について、「30歳過ぎたので、情熱的に突き進むことは
なくなった」そうで、「泣き叫ぶような劇的な展開を、恋愛には求めません。
穏やかに長い時間をかけて、一生を共にしていける感覚が好きです」
と思いを述べた。
恋人の存在を公表しないのは、「僕はなので、芸能界のうわさに
耐えていかなければならないと思っています。でも女性は違う。
インターネットで中傷されるなど、芸能人としてのイメージを
傷付けられることさえあります。なので、どういう行動を取ればいいのか
よく考えています」と語った。
恋愛話を仕事現場に持ち込むと、関係者に迷惑をかけるケースもあるとし、
「今は恋愛中ですが、外で手をつないだりせずに人の少ない所で
2人の世界を楽しみます」とクールに宣言した。

そして電撃婚の可能性は「ない」そうで、「僕は子どものころ
良い環境で育ったとは言えません。片親しかいない子と
両親そろっている子では、性格や考え方に違いが出てきます。
自分の子どもは幸せに育てたいので、じっくり考えてから
結婚を決めたいと思っています」と、慎重な姿勢であると訴えた
ヴィック・チョウ周渝民)。
世の中の電撃婚カップルを見るにつけ、「そういう勇気がある人が
うらやましい」とも話した。
交際中とされているのは、ドラマ『痞子英雄(原題:ブラック&ホワイト)』で
共演した、リーン・ユウ喩虹淵)だ。
勢いで結婚ということはなさそうだが、台湾メディアの追跡が
続きそうなカップルである。




関連記事
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://f4japan.blog117.fc2.com/tb.php/2191-17e18bac
プロフィール

F4大好き

台湾ドラマと
C-POPに
はまっています

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
リンク
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。