F4(言承旭・呉建豪・朱孝天・周渝民)・楊丞琳・飛輪海・呉尊・羅志祥・S.H.Eなど…台流・華流情報やニュースを発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛輪海のアーロン(炎亞綸)、アルバム『The Moment -紀念日-』について語る



華流”のタレントアーティストが、日本でも人気上昇中です。
なかでも台湾フェイルンハイ飛輪海)といえば、華流のトップユニットとして
アジア各地で超有名。
グループとしてはもちろん、個々のメンバーが歌にドラマに活躍中です。

その飛輪海AARONことアーロン炎亞綸)が、5月上旬に来日。
新作ドラマと、ソロ初のフルアルバムについて、語ってくれました。
不慣れな日本語を挟みながら健気に話すアーロン炎亞綸)の
インタビューをお届け。


バイオリンを3か月特訓
 ――飛輪海は、メンバーがそれぞれ春・夏・秋・冬のイメージだそうですね。
    AARONさんはクールな“冬”ですよね。

  「そうです、“冬の王子様”です(笑)。でも、普段はいつも
  クールなわけじゃないですよ。ホットなときもあります。
   だから本当は“四季の王子様”です(笑)」

 ――ドラマ『アリスへの奇跡』(DVD-BOX発売、5月15日~)で演じた
    バイオリニストも、かなりクールな役柄でしたね。
    オーケストラのコンサートマスター役でしたが、
    バイオリンは練習したんですか?

  「はい。まず台北のオーケストラの第一奏者に1か月レッスンしてもらって、
   さらに2か月練習して撮影に臨みました。バイオリンは首に挟むので、
   首が痛くて大変でしたけど、ちゃんと音が出せました」

 ――このドラマは、対照的な2人の男性バイオリニストと、
    2人の女性をめぐるラブストーリーですが、AARONさんが演じる
    「ハー・ティンユー」はなかなか複雑なキャラクターです。
    不眠症で、心に闇を抱えている……。

   「そうですね。彼は身体は大人だけれど、心は大人になりきれずに、
   その矛盾の中でもがいています。特にお母さんからの束縛に
   苦しんできたのですが、愛する女性と出会うことによって、
   心の殻をやぶることができたんです。撮影には8か月かかりましたが、
   難しい役だし、すごく緊張しました」

 ――ドラマではいろいろなクラシック音楽が流れますが、
    AARONさん自身はピアノを弾かれるとか。

   「はい。好きな作曲家はモーツァルトです。それから、
   『アリスへの奇跡』は、愛媛県松山市でもロケをしました。
   愛媛県はミカンの産地なので、ミカンのエキスが入った入浴剤を
   ファンの方に頂きました(笑)」


ソロ初のフルアルバムと次作ドラマを語る
 ――3月に出たCD『The Moment -紀念日-』は、ソロとして初の
    フルアルバムだそうですね。特に好きな曲や、好きな歌詞フレーズは
    ありますか?

   「日本語で歌った『The Moment 紀念日』
   (通常盤のボーナストラック)が好きです。
   特に、最初の『ただいま どれくらい時間が過ぎただろうか…』
   という歌詞が好きですね。ふだん自然に使う『ただいま』という
   言葉を歌詞の一番あたまにもってきていて、感情のこもった
   歌詞だと思います。恋人と別れたあと、楽しかった日を思い出す、
   ちょっと切ない歌です。このアルバムが、みなさんにとって、
   人生の中で大切なものを感じられるものになることを願っています」

 ――最近、日本の若い男性は、恋愛とか結婚を「めんどくさい」
    と思う人が増えているんですよ。

   「台湾も同じです。でも結婚はやっぱり幸せなことだと思います。
   親に『結婚しろ』と言われて、反抗して『結婚したくない』
   と言っている人もいるでしょう。でも結婚は周りの圧力で
   決めるものではなくて、2人が付き合って、自然にするものだと
   思います」

 ――実際の女性はめんどうだから、アニメとかの2次元の女の子でいいや、
    という人も増えているみたいです。

   「ホントに? ああ、初音……初音ミクでしたっけ、
   台湾でもコンサートしていましたね。僕は、そういう世界は
   よく知らないですけれども」

 ――AARONさんは歌にドラマにと、活動の場を広げています。
    今後は、どういう方向に進みたいですか?

   「やっぱりメインは歌です。お芝居もやっていきたいですが、
   クオリティの面からも年に1作ぐらいしかできないと思います。
   いろいろなタイプの役をやって、僕のいろんな面を出していきたい。
   次に挑戦するのは、オフィスラブのドラマなんです。
   この6月から撮影に入ります。これまでやった役は若者でしたが、
   今度の役は成熟した大人。部下と恋をする役なんです」

 ――最後に、日本のファンにメッセージを。

   「(日本語で)みなさん、お久しぶりです。このアルバムは去年に
   台湾でリリースしたものです。よろしくおねがいします」

 ――日本語、勉強しているんですね。

   「(日本語で)近い、広い、危ない、静か。形容詞いっぱい覚えました。
   あと、オベントウ。僕が、君のために、作ったお弁当、を、
   お食べください(笑)」


お弁当、作って作ってー!
人口が数十億人いる中国語圏で既にスターなのに、日本でも頑張るAARONは、
それだけ日本への思い入れがあるそうです。
あまりの美貌とキレイなお肌に、クラクラした女子SPA!でした。




●アルバム『The Moment -紀念日-』発売中

●ドラマ『アリスへの奇跡
DVD-BOX1(1~12話)発売中
DVD-BOX2(13~24話)2013年6月19日発売
DVDを購入して専用サイトから申し込むと、8月4日(日)のイベント(東京都内某所)に
もれなく招待(AARONに会える!)

●「a-nation island」に出演決定
8月6日(火) 18:00開演(東京・国立代々木競技場第一体育館)

CLUB AARON FANMEETING 2013
2013 年7 月6 日(土)
 (昼公演)開演15:00  (夜公演)18:00 開演 (東京・品川プリンス ステラボール)


関連記事
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://f4japan.blog117.fc2.com/tb.php/2176-dae54692
プロフィール

F4大好き

台湾ドラマと
C-POPに
はまっています

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
リンク
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。